2010 10/05 19:43
EF65-1041撮影記録

昨日の記事の最後にも書いたのですが、今日の更新は、

速報でも撮影報告でも無い「特別編」でお送りしたいと思います。


9月30日夜よりEF65-1041が、元所属の新鶴見機関区より、

新たな所属先となる岡山機関区へ向け、輸送されて行きました。

思えばEF65-1041は、首都圏では最後の「ほぼ原形PF」であり、

国鉄色はもちろん、切抜ナンバー・白色の窓支持Hゴムなどの特徴で、

行く先々で撮影者の注目を集めていた機関車だったと思います。


私自身としては、機関車の撮影を始めたのは2008年2月のこと。

「ほぼ原形の初期型」PF1038が岡山機関区に転属して間もない頃。

言うまでも無く、この頃EF65-535は「大スター」扱いでしたが、

個人的には、PF1038の様な「原形PF」の方に魅力を感じていました。

この時には各機関車の仕様など、全く知りませんでしたが、

色々と調べたところ、PF1041が「ほぼ原形」を保っている事を知り、

それから機関車・貨物列車の撮影を始めた、という経緯があります。


という事で今日は、これまで首都圏で私が撮影して来たPF1041を、

「特集」という形で、まとめて公開してみたいと思います。

如何せん2008年2月からの、たった3年弱の間での記録で、

更に、お見苦しい画像ばかりですが、ご容赦くださいませ。


◆2008年2月22日 次単1295レ(新川崎)

pf1041-20080222
 pf1041-20080222 posted by (C)PASSENGERsr

 EF65-1041の初撮影は、なんと「後打ち」でした!

 この時の単1295レは、高崎機関区所属EF65での重連でした。

 また前機は0番代のEF65-118で、これまた懐かしいですね。


◆2008年3月3日 5764レ(新川崎)

pf1041-20080303
 pf1041-20080303 posted by (C)PASSENGERsr

 初めてキチンとした「牽引」シーンが撮れたのは、ホキ貨5764レ。

 2008年3月の改正から、早朝になってしまった5764レですが、

 この時は昼間に運転されており、これも運用は高機PFでした。

 現在の5764レのホキに書かれている社名は「太平洋セメント」、

 しかしこの時は「チチブセメント」だったのが印象的です。


◆2008年3月20日 73レ(市川)

pf1041-20080320
 pf1041-20080320 posted by (C)PASSENGERsr

 強風が吹き荒れる中、撮影しに行った73レ。

 荷の積載率は仕方ないとして、片方のライトが切れていますね。

 それに気づいた時、少しガッカリしたのも良い思い出です。


◆2008年3月21日 臨8972レ(千葉みなと)

pf1041-20080321
 pf1041-20080321 posted by (C)PASSENGERsr

 今では蘇我から通しで「臨8685レ」という列番になっていますが、

 この時は蘇我~大宮(操)間が臨8972レ、以降が臨8685レでした。

 京葉線内では、これが最初で最後の撮影になってしまいました。


◆2008年3月24日 5771レ(大宮)

pf1041-20080324
 pf1041-20080324 posted by (C)PASSENGERsr

 現在では「8771レ」という列番になっているのでしょうか?

 個人的には、窓枠支持の白Hゴムがキチンと詰まっている、

 1エンド側の顔が、EF65-1041の場合は好きでした。


◆2008年4月29日 5586レ(西浦和)

pf1041-20080429
 pf1041-20080429 posted by (C)PASSENGERsr

 5586レのタキを牽いて、西浦和の坂を下りて来るシーン。

 この時は確か、現5584レと現5586レの荷が入れ替わる前で、

 本当なら5586レの荷の前方にはコキが付いているはずでしたが、

 この日は休日でコキが無く、タキだけだったと記憶しています。


◆2008年5月15日 前単1295レ(新川崎)

pf1041-20080515a
 pf1041-20080515a posted by (C)PASSENGERsr

 初めて「前」単1295レで撮れたのは、奇しくも私の誕生日(!)

 偶然といえば偶然ですが、無性に嬉しかったのを覚えています。

 ちなみに次機ですが、EF65-1049でした。まだ高機PF重連時代です。


◆2008年5月15日 5278レ(根岸)

pf1041-20080515b
 pf1041-20080515b posted by (C)PASSENGERsr

 上の前単1295レと同じ日、次運用を根岸で撮影しました。

 5278レですが、現在では92レとして昼間に移行している列車。

 入換の際、荷の長さ次第では「前出し」になってしまい、

 この列車を撮る時は毎回、妙にドキドキハラハラしたものです。


◆2008年7月3日 5582レ(川崎新町)

pf1041-20080703
 pf1041-20080703 posted by (C)PASSENGERsr

 2009年3月のダイヤ改正以後、高機64-1000になった5582レ。

 この時はまだ、高崎機関区所属のPFが牽引していました。

 南武支線の区間は、全体的に架線が高い場所が多いので、

 PF1041の大きなパンタが目一杯上がる姿も魅力的でした。

 5582レのタキに、まだ黒色の物が多かった時ですね。


◆2008年7月4日 5772レ(府中本町)

pf1041-20080704
 pf1041-20080704 posted by (C)PASSENGERsr

 2009年3月以後は「4074レ」という列番になった、旧5772レ。

 2007年度~2008年度ダイヤでは、日中にPFスジが連続しており、

 人気の機関車が入れば、多くの撮影者が各地に集まったものです。


◆2008年11月6日 前単1295レ(新川崎)

pf1041-20081106a
 pf1041-20081106a posted by (C)PASSENGERsr

 機関車を撮り始めて9ヶ月、遂に待望の編成が実現しました。

 前単1295レにEF65-1041充当、しかも堂々の「原色重連」です。

 しかもPF1041は、前述の私が好きな1エンド側が前でした。

 ちなみに次機は、同じく白HゴムのEF65-1062でした。


◆2008年11月6日 5278レ(根岸)

pf1041-20081106b
 pf1041-20081106b posted by (C)PASSENGERsr

 上の前単1295レの次運用、根岸での5278レ(現92レ)。

 同年5月15日と同じスジですが、日が短く真っ暗ですね。

 この時期にしては荷が短めで、良い位置まで入ってくれました。


◆2008年12月28日 3094レ(西浦和)

pf1041-20081228
 pf1041-20081228 posted by (C)PASSENGERsr

 現在でも同時刻・同列番で残っている根岸行の3094レ。

 この時は新鶴見信まで高機PF、以降は吹田のEF66でした。

 これも年末近くの日曜日復活運転で、荷は短めでした。


◆2009年2月4日 5760レ代走(大宮)

pf1041-20090204
 pf1041-20090204 posted by (C)PASSENGERsr

 この時の列番で言うと5760レ、スジ番としては現8760レ。

 さらに荷である石油タキ返空は、現4078レになっています。

 所定高機のEF64でしたが、この日は高機PFによる代走でした。

 当時の5760レは、割と頻繁に高機EF65代走がありました。


◆2009年2月20日 前単1295レ(新鶴見信~鶴見間)

pf1041-20090220
 pf1041-20090220 posted by (C)PASSENGERsr

 前機PF1041「原色重連」の単1295レ、前年11月に続き2回目の撮影。

 この時の次機は、黒色HゴムのEF65-1119でした。

 これが、EF65-1041が高崎に所属していた時の、最後の撮影でした。


◆2009年3月24日 89レ→臨8075レ(根岸)

pf1041-20090324
 pf1041-20090324 posted by (C)PASSENGERsr

 2009年3月のダイヤ改正で、高崎機関区のEF65は配置0両に。

 そのため多くの廃車や、岡山機関区への転属が発生しましたが、

 それと同様に、数機は新鶴見機関区へと転属して来ました。

 結果、首都圏のEF65による貨物運用は、新鶴見に集約。

 この時からEF65-1041は岡山機関区転属の噂が流れていたものの、

 結局、まさかの(?)新鶴見機関区へ転属したわけです。

 転属したての頃は、紙製の仮区名札が挿されていましたね。


◆2009年6月18日 臨8074レ(根岸)

pf1041-20090618
 pf1041-20090618 posted by (C)PASSENGERsr

 2010年3月のダイヤ改正で、根岸を経由しなくなった臨8074レ。

 それまでは根岸(正確には横浜本牧駅)を経由していました。

 この時にはもう、黒地白抜きの区名札が挿されていました。


◆2009年7月10日 72レ(南流山)

pf1041-20090710
 pf1041-20090710 posted by (C)PASSENGERsr

 同日に行われた京浜東北・根岸線用E233系の配給の後、

 しばらく待機して撮る事が出来た72レ。偶然にもPF1041でした。


◆2009年8月30日 3091レ(蘇我)

pf1041-20090830
pf1041-20090830 posted by (C)PASSENGERsr

 夏場の日曜日で、単機での運転でした。見ての通り大雨です。

 しかし出発待ちの間、色々な構図で撮る事が出来ました。

 この日は臨8685レも単機ながら原色赤プレで、W収穫でした。


◆2009年8月31日 98レ(新川崎)

pf1041-20090831
 pf1041-20090831 posted by (C)PASSENGERsr

 この日も大雨でしたが、98レに充当されたため撮影へ。

 釜次以降、冷蔵冷凍コンテナではありませんでしたが。


◆2010年2月1日 3075レ代走(新川崎)

pf1041-20100201
 pf1041-20100201 posted by (C)PASSENGERsr

 またまたこの日も悪天候。しかし東海道貨物の代走でした。

 現在より1時間弱早いダイヤだった3075レ、被りが微妙でした。

 2008年度ダイヤの時の運用の様に、翌日の3074レで帰って来ましたが、

 そのために運用を稲沢で差し替えたのが、何とも驚きでした。


◆2010年9月17日 臨8574レ(西浦和)

pf1041-20100917
 pf1041-20100917 posted by (C)PASSENGERsr

 長い休車期間を終え、台車検査から明け、運用に復帰。

 台検明けのHM付試運転を撮る事は、残念ながら出来ませんでした。

 川崎貨物工臨と原則セットで運転される、臨8574レです。

 随分と短期間で終わった「関東ラスト運用シリーズ」でしたが、

 それでも、1枚でも荷付きが撮れたので良かったです。


◆2010年9月21日 臨8472レ(越谷レイクタウン)

pf1041-20100921
 pf1041-20100921 posted by (C)PASSENGERsr

 これが関東での自走シーン、最後の撮影となりました。

 荷付きを期待しましたが、生憎の単機でした。

 しかし、好きな1エンド側だったのでOKですかね。


そして、遂に…。

◆2010年9月30日 次無1081レ(横浜羽沢付近)

pf1041-20100930
 pf1041-20100930 posted by (C)PASSENGERsr

 「9月いっぱいで関東運用終了、岡山機関区転属。」

 幾度となく流れたこの噂は、遂に現実の物となりました。

 単1977レから入換・停車のある横浜羽沢で見送りました。

 生憎の雨ながら、やはり釜が釜だけに多くの方が集まりました。


岡山機関区に転属した以上、恐らくもう二度と、

関東での自走シーンを見る事は出来ないと思います。

EF65-1041の終焉の地は、岡山機関区になる事でしょう。

廃車になるPFが多い中、まだまだ現役で走る様ですね。

車齢が車齢だけに、もう長くは無いのかも知れませんが、

走れる状態のうちは、元気に走って欲しい様に思います。


最後に。

◆2009年2月12日 前単1295レ(石川町~山手間)

pf1041-20090212
pf1041-20090212 posted by (C)PASSENGERsr

 EF65-1041+EF65-1127の編成だった、この日の単1295レ。

 この時に見たであろうマリンタワーにベイブリッジ、

 横浜民の私としては、忘れないでいて欲しいものです…。


明日からは、また通常パターンでの更新に戻ります。



【ブログランキング】
↓もし良かったらクリック!(もちろん強制ではありません)
FC2 Blog Ranking人気ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
【コメントを投稿】
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理人PASSENGERにのみ表示を許可する。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
【この記事へのトラックバック】