2012 01/17 21:00
鉄道撮影~2012.1.7~

今日は大学の授業が無く、羽田で飛行機を撮影していました。

昨年末あたりから飛行機と鉄道の撮影頻度が逆転状態にあり、

どうやら今年は本格的に「飛行機撮影の年」となりそうな予感です。

ちなみに今日はB787の国際線仕様(JA805A)北京便がメインで、

副産物として中国東方のスペシャルマーキング(B-6127)と、

漸くANAのゴールドジェット(JA02AN)を撮影する事が出来ました。

この報告は、また後日に改めて更新したいと思います。


さて、今まで単に「撮影報告」と題していた鉄道撮影の記事ですが、

昨年から本格的に飛行機の撮影を始め、私自身も混同しそうなので、

本記事からはタイトルを明瞭に「鉄道撮影」と改めたいと思います。


この日は、年始恒例の成田臨を撮りに成田線まで行って来ました。

183系列の運転が最も多く設定されているらしいこの日を選択。

まず午前は我孫子口、木下~小林間の有名ポイントにて撮影です。

20120107 e231
↑937M:E231系東マト139編成

普通列車は、常磐線カラーのE231系が単線区間を走ります。

ノコノコと走るのかと思いきや、割と速度を出して来るんですね。

風も吹き荒れ寒い中、3時間ほど待機してお目当て1本目です。

20120107 183 189
↑9823M「快速早春成田初詣号」:183・189系東チタH61編成

1本目は多客臨としての運転。チタ車6両編成でした。

臨時幕ではなく、快速幕だったのがグッドでした。

20120107 183
↑9835M:183系宮オオOM101編成

2本目は団臨。大宮車の6両編成、先頭エンブレム付でした。

初詣絵幕ではなく、団体表示だったのが少々残念ではありました。

20120107 183
↑9837M:183系宮オオOM102編成

3本目も団臨。今度こそ初詣絵幕を出して来てくれました。

3本とも編成両数が同じでしたので、構図を変えずに済みました。

(有名処とあり、最終的にはなかなかの盛況ぶりだった訳ですが。)


続いて、午後は「もう片方の成田線」千葉口へ。

物井の駅も良さそうでしたが、折角なので「モノサク」へ行ってみました。

トンネル出口付近の踏切からストレートで狙うのを考えましたが、

駅から意外と距離があったので途中で面倒になってしまい(苦笑)、

まだ駅に近いアウトカーブの有名アングルを選択しました。

20120107 e259
↑2026M「特急成田エクスプレス26号」:E259系横クラNe017編成+同Ne***編成

成田エクスプレスは迫力の12両編成。カッコイイですよね。

総武線の複々線区間・スカ線・山貨を走る姿も良いですが、

ほのぼのとした風景の中を颯爽と走る姿も、違った魅力があります。

20120107 485
↑9432M:485系千マリG1「ニューなのはな」編成

千葉口の成田臨1本目は、485系「ニューなのはな」でした。

ここまでは順調に撮影できていたのですが…。

 ・76レ:EF65-1077(新)+コキ
 ・9434M:183・189系東チタH81編成(成田臨・団体幕)

以上の2本は、顔面に見事なまでの影を食らって撃沈しました。(T_T)

初めて来た場所なのと、ローアンで構えていた事が災いしてか、

影の出方が全く読めなかった、と言い訳しておきましょう。

要するに下手だという事です。

20120107 211
↑450M:211系千マリ508編成

撮影中に何度か見たマリの211系です。

東海道線に続き、こちらも近い内に消えてしまうのでしょうかね…?

20120107 189
↑9436M:189系長ナノN102編成

そして最後に千葉口のメインであった長野車あさま色ですが…。

日没前の強烈な夕陽を食らい、顔面が思い切りテカっています!

まあ…これはこれでアリかな、と私自身は思っていますが。

ここでの撮影は、もう少し構図を研究する余地がありそうですね。

この後に185系チタ車使用の多客臨がありましたが、

陽が沈みそうだったので諦めて撤収する事にしました。


帰りは便利な横須賀線への直通列車で撤収しましたが、

寒い中、朝早くからの出撃でしたので疲れてしまったのか、

起きたら既に横浜到着寸前でしたよ!…危ない危ないf(^^;)


※恐らく明日は適当に簡易版で更新する事になると思います。



【ブログランキング】
↓もし良かったらクリック!(もちろん強制ではありません)
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
コメント
【コメントを投稿】
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理人PASSENGERにのみ表示を許可する。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
【この記事へのトラックバック】