2012 08/01 19:20
鉄道撮影~2012.4.18~

今日から8月が始まりますね。早いですねぇ~。

とりあえず、暑さには手加減してもらいたいものです。f(^^;)

さて、今日は4月18日分の報告です。

速報記事に出した画像の再掲ですが、枚数が多いので…。


最初は高島線へ京急甲種を狙いに行きましたが、

少し早めに出て「ついで」をやる事にしました。

 1153レ:EF210-137(岡)+コキ

20120418 ef65 1082
↑臨9074レ:EF65-1082(新)+タキ

9074レは原色赤プレの1082号機でした。

新鶴見で釜替えなので何が来るか分かりませんが、

こうして良い釜が来てくれると、早く来た甲斐があったもんです。


少し移動して、京急甲種を。

以前から見定めていた「真横ポイント」でやる事にしました。

20120418 de10 1566
↑9681レ:DE10-10**+京急新1000形6両

何とも絶妙なタイミングで「シーバス」が入ってくれました!

写真に、ちょっとしたスパイスが加わりました。(^^)


さらに徒歩で移動して、PF1082の返しを。

20120418 ef65 1082
↑5160レ:EF65-1082(新)+タキ

逆光ですが、定番のアングルで撮れたのでOKです。


お次は、旅客線迂回の東海道貨物を狙いに新子安へ。

これまた定番ですが、珍しい列車は定番ポイントで撮ってこそ…。

20120418 ef66 105
↑迂3075レ:EF66-105(吹)+コキ

迂回の3075レは100番代牽引…陽が強烈に反射します。

20120418 ef66 33
↑迂2087レ:EF66-33(吹)+コキ

続いて迂2087レは希少な0番代、EF66-33牽引でした!

元3461レのこの列車、ワムは無くなってしまいましたが、

その分、色の統一されたフルコンが見られる様になりました。

参考までに迂3075レは13時、迂2087レは13時30分頃通過でした。


とりあえず長らく7700系CSのまま放置していたトップ画像、

出来上がりましたので、今日のお昼過ぎに変更してみました。

宣言通り久々の飛行機ネタ、アントノフAN-124-100です。



【ブログランキング】
↓もし良かったらクリック!(もちろん強制ではありません)
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント
AzTakさん
テンプレートを変えて、少しイメージが変わった感じですね。
毎度トップ画の変更と、多少の色替え程度で済ませております。
いつも御覧いただいているとの事、大変嬉しく思います。

2カラムタイプの採用を考えてはいただけないでしょうか?
画像サイズは(小さいですが)概ね統一させて頂いており、
それに合う様、開設当初より3カラムタイプを採用しております。
当方の制作環境(解像度)で、これが画面いっぱいなので…。
申し訳ございませんが、ご理解を宜しくお願い致します。
2012/08/03(Fri) 17:56 | URL | PASSENGER(管理人) #-[ 編集]
teruさん
いやぁそれにしても奇跡的に美しい33番の写真ですね、
連なるコンテナもばっちり満載でしょうか。

2087レになってから初めて撮影しましたが、
それが33号機・迂回・順光で嬉しい限りでした!(^-^)
コンテナの中身は恐らく3461レ同様の返空だと思いますが、
それでも、同色コンテナ満載は壮観ですよね。

なかなか迂回貨物を撮影することは叶わずです。
私も、たまたま迂回貨物を撮影できてラッキーだったのですが、
どうやら迂回は2日連続で行われる事が多い様です。
2012/08/03(Fri) 17:50 | URL | PASSENGER(管理人) #9hdcD3rw[ 編集]
テンプレートを変えて、少しイメージが変わった感じですね。
いつも楽しみに拝見させていただいているんですが、今度テンプレートを変えるときは、2カラムタイプの採用を考えてはいただけないでしょうか?つまり、もう1サイズ大きな画面で拝見したいのです。宜しくご検討ください。
2012/08/02(Thu) 12:26 | URL | AzTak #xZCYq0Xc[ 編集]
こんばんは!先日はコメントありがとうございました。いやぁそれにしても奇跡的に美しい33番の写真ですね、連なるコンテナもばっちり満載でしょうか。なかなか迂回貨物を撮影することは叶わずです。
2012/08/02(Thu) 00:47 | URL | teru #rCkYlK1A[ 編集]
【コメントを投稿】
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理人PASSENGERにのみ表示を許可する。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
【この記事へのトラックバック】