2015 08/20 23:02
遠征5日目は「博物館明治村」へ行ってきました。

明治時代以降の歴史的建造物の数々を移設・保存しているテーマパークで、

1つ1つ非常に見ごたえのある所でしたが、とりあえず今回は乗り物の画像のみ。

20150805

SL列車の運用には12号が就いていました。

日本初の鉄道開業から2年後、1874年にイギリスから輸入した機関車で、

新橋~横浜間で実際に活躍していた蒸気機関車だそうです。

牽引されている客車3両も、いずれも明治40年代製の貴重な車両。

20150805

列車全景を写せるような拓けた場所は、意外と少ないものです。

1枚目は「菊の世酒造」の裏に設けられた撮影スペースで撮りました。


20150805

元京都市電の狭軌1形15号。

先日、遠征第0日目と称して梅小路公園で走行する同型車を紹介いたしましたが、

こちらは正真正銘、架線からトロリーポールで集電して走行しています。

20150805

SL列車と京都市電の接続駅である「名古屋駅」での入線風景。

木々の合間を縫って急カーブ走る姿は、さながら登山電車のよう?


20150805

元尾西鉄道1号。明治30年製造の蒸気機関車が静態保存されていました。

後ろに写る鉄橋は、かつて川崎~蒲田間で多摩川を跨いでいた六郷川鉄橋で、

東海道線の複線化に伴って明治10年に完成した、日本初の複線用鉄橋だったそうです。

御殿場線の酒匂川鉄橋に移設された後、こちらで保存されているとのこと。

20150805

名電1号形。明治村50周年記念イベントの一環として、期間限定で展示されていました。

昭和2年に札幌市交通局に譲渡されて以来の里帰りとなったようです。


この後は建造物めぐりをして、夜からセントレアに行きました。
スポンサーサイト
コメント
【コメントを投稿】
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理人PASSENGERにのみ表示を許可する。