2016 01/02 13:03
昨日は、京急大師線で毎年恒例となっている干支HMを撮影してきました。

ここのところ「撮り初め」のネタにすることの多い京急大師線です。

ただ、沿線に建物や施設が増えていたり、大師線自体の地下化工事も進んでいたりで、

行く度に驚かされる路線でもあります。(おや…正月以外は撮ってないことがバレる!?)

今年の正月は快晴に恵まれた反面、大師線を撮影する上では少し厄介な条件でした。

20160101 1500
京急1500形1513編成 干支HM「申」掲出

20160101 1500
京急1500形1505編成 干支HM「申」掲出

HMは例によって2種類、編成前後では同じデザインの物が取り付けられていました。

路線がほぼ東西に伸びているため、冬だと朝が勝負。しかし冬の太陽は低い。

さらに増える線路脇の建物と工事施設…4両編成全体に陽が当たる場所はなかなかありません。

とりあえず今年はその中でも比較的マシな(?)東門前~産業道路で撮影してみました。
スポンサーサイト
コメント
【コメントを投稿】
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理人PASSENGERにのみ表示を許可する。