2016 08/01 20:59
静岡遠征2日目はSL列車3本運転の大井川鐵道へ。約5年ぶりの訪問です。

前回は千頭付近で撮影しましたが、SLのバック運転が解消されているため、

今回は両方面の撮影に対応できる、通称「第一橋梁」のポイントにしました。


◆抜里~川根温泉笹間渡間

20160724 7200
大井川鐵道7200系 東急と十和田観光鉄道を経て、第3の車生を送っています。

20160724 21000
大井川鐵道21000系 元南海車による臨時の急行電車。

20160724 c56 44
大井川鐵道C56-44「ジェームス」+ED500形+客車7両 メインカメラの構図は煙が流れ…。

20160724 c56 44
同上 サブカメラの構図のほうが収まりが良いですね。

20160724 c11 227
大井川鐵道C11-227「トーマス」+客車7両+E10形 曇ってくれました。

20160724 c11 227
同上 サブカメラ。

20160724 c11 190
大井川鐵道C11-190+客車5両 ノーマルのSL列車は補助機関車なし。

20160724 c11 190
同上 サブカメラ構図も煙が流れてしまいました。


◆抜里~川根温泉笹間渡間

復路の撮影は、同じ橋梁を側面から。

20160724 c56 44
大井川鐵道C56-44「ジェームス」+客車7両+ED500形

20160724 c11 227
大井川鐵道C11-227「トーマス」+客車7両+E10形

20160724 c11 190
大井川鐵道C11-190+客車5両


◆抜里~川根温泉笹間渡間

帰りの電車の前に、千頭行の7200系が撮れそうだったので、今度は編成メインで…。

20160724 7200
大井川鐵道7200系

金谷側は十和田観光鉄道に譲渡された際に付いた「食パン顔」で、

ダイヤモンドカットと称される原型顔は2両とも千頭を向いていますね。

私にとって、赤帯の7200系といえば東急池上線での3両編成でして、

オール先頭車の編成(<<>)を彷彿させる外見でした。
スポンサーサイト
コメント
【コメントを投稿】
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理人PASSENGERにのみ表示を許可する。